作品ランキング

月下美人
(-) -
月下美人

30歳の文緒(喜多嶋舞)は65歳になる夫の周一郎(中村方隆)との夫婦生活を西湘の邸宅で過ごしていた。周一郎は数々の名作を生み出してきた文豪で、文緒の耳には「莫大な遺産目当て」と揶揄した言葉も入ってくる。しかし、文緒の心にあるのは周一郎の一途な愛だけ。文緒はまさに現代の日本女性が失っていたゆかしさを備えた女性であった。しかし、周一郎が脳梗塞で倒れて下半身が不随になったときから、周一郎に捧げてきた身も、心も、徐々に微妙な変化を遂げていく。作家志望の青年、仁志(小林宏史)。周一郎の孫、康隆(芦田昌太郎)の存在。そして、30歳の若さで不能の夫を持つことになった文緒を哀れむ周一郎。3人の男性の思惑が、文緒の火照った心を、身体を、更に熱いものへとしていく。やがて、文緒の身体が開かれるときがやってくる・・・、一夜限りの大輪を咲かせる月下美人のように・・・。


若妻同窓会
(-) -
若妻同窓会

静香(古川いおり)は役場で働く一回り以上の夫、誠と20代前半で結婚する。若くして専業主婦になった静香は安定した生活を送っていたが、義母から子作りのプレッシャーをかけられることに憂鬱を感じている。ある日、中学校時代の友人、朋子から同窓会の連絡をもらう。最初は乗り気ではなかったが、メンバーには淡い恋心を抱いていた、篤志も来る事を知り参加することに。篤志との再会後、平凡な日常に慣れきっていた彼女の心に変化が訪れる・・・・。


僕だけの先生~らせんのゆがみ~
(-) -
僕だけの先生~らせんのゆがみ~

21歳の女子大生・美雪は、浪人生・間宮清彦の家庭教師として働き始める。間宮家は姉・智子と清彦の2人暮らし。取り立てて裕福には見えないが、どこか胡散臭さを感じながらも、間宮家に通い始める美雪。しかし清彦は美雪を性の対象としか見ておらず、ある日の授業中、自分で調合した怪しげな睡眠薬を飲ませ美雪を眠らせてしまう。しかし、そこに智子が帰って来てしまったことで、事態は思いもよらない方向へと転がり始める。


午前2時の唇
(-) -
午前2時の唇

マドリード深夜2時、ラジオの人気番組が始まる。南米ブエノスアイレスでも、大勢のリスナーがインターネット放送に耳を傾ける。番組は、リスナーたちが電話で語る衝撃の体験、誰にも言えない悩み、秘密の告白などで成り立っている。高級コールガールの顔を持つ女子大生を軸に、セックスが取り結んでいく、恋、嫉妬、暴力、誘拐、殺人、挫折、希望・・・。いくつものドラマはやがて、ラジオを通して大河のうねりとなっていく・・・。


欲望の帝国 女優ディディの告白
(-) -
欲望の帝国 女優ディディの告白

マドリッドでバーテンダーをしていたディアナは、スターになることを夢見てマイアミへ、さらにハリウッドへの拠点ロサンゼルスに渡る。そこで待っていたのは、エージェントやプロデューサーのコネを得るためにいかがわしいパーティを渡り歩き、変態まがいの富豪の求めにも応じる屈辱の日々。だが大物エージェント、マイケルとの出会いで、ディアナの人生は一変する。DiDi(ディディ)と名前を変え、ゲイのイケメン俳優と偽装カップルを演じながら、ついにスターダムへと登りつめていくのだったが・・・。


忘れ得ぬ女
(-) -
忘れ得ぬ女

高級コールガールのマリアは、南ポルトガルの風光明媚な町のリゾート開発に反対する市長を色仕掛けで落とす仕事を依頼された。市長はマリアとの濡れ場写真をネタに脅され、開発に同意する。一方、この町で行方不明の男を調査中の刑事マデイラは、開発の裏取引に気づく。マデイラとマリアはかつて恋仲で、マデイラは寝返ったマリアを通じて、市長逮捕の動かぬ証拠を掴む。マリアの気持ちを信じる市長は取引の見返りに得た大金で、マリアと逃避行をしようと空港に現れるが、そこには市長もマデイラも気づかぬ大仕掛けが・・・。


幸福の罪
(-) -
幸福の罪

誰からも信頼されるリハビリ医トマースは、ある日、少女への性的虐待容疑で逮捕される。発端は、患者で14歳の少女オリンカのメールと日記。彼を逮捕した警官ラダは、トマースの妻ミラダの元夫だった。15年前、彼の妻だったミラダを妊娠させて奪ったトマースは、ミラダの父親と妹リダも同居する彼女の実家で、幸せな家庭を築きあげてきた。ミラダは、逮捕は私怨によるでっち上げだとラダを激しく非難する一方、夫は本当に無実なのかという猜疑が芽生える。やがて容疑が晴れ、トマースは釈放されるが、彼が向かった先は湖畔の別荘だった。そこには15年間隠し続けた秘密があった…。


美人妻白書 隣の芝は
(-) -
美人妻白書 隣の芝は

売れない作家である柴田民夫とキャリアウーマンの妻、由美。二人の夫婦関係は冷え切っていた。ある日、柴田夫妻が住むマンションの隣の部屋に、漢字違いの「芝田」夫妻が引っ越してくる。一日中家に居る柴田民夫と隣人となった専業主婦の芝田麻子は自然と距離が縮まって行った。そんなある日、柴田民夫に宅配便が届く。しかしその荷物は配達員が間違えて届けた隣の芝田さんのものだった。仕方なく柴田民夫は、隣の芝田さんに宅配便を届けることに。しかし、そこに出てきたのは、昼間から酒を飲み、ベロベロに酔った芝田麻子だった。酒に酔った麻子は、民夫に夫の不満をぶつける。奇しくも同じ境遇である二人はお互いを求めるように禁断の一線を越えてしまうのだった…。ここから、二人の秘密の関係が始まっていく―――。


新・日本の首領
(-) -
新・日本の首領

昭和55年9月、対立関係にあった安西組が解散を表明したことにより、辰野会は大阪に確固たる地盤を築くこととなった。ところが、その3年後、辰野会初代組長・辰野元吉が病死したため、若頭・藤木一徹(宍戸錠)が辰野会二代目を襲名。昭和62年には、藤木の長男・吾郎(本宮泰風)が藤木組二代目を襲名し、辰野会は新たな船出を迎える。そんな矢先、藤木組組員が京都一の大組織・沖名組系三島組組員に殺された。この機に乗じ、一気に京都に攻め込もうとする吾郎に対し、警察の動きを警戒した組長・藤木は手打ちに持ち込もうとし、広島の峠会会長・生田源之介(津川雅彦)を仲裁人に立てるため、辰野会直参上村組組長・上村修(松方弘樹)を広島へ向かわせるのだが・・・・


怪奇!兎男
(-) -
怪奇!兎男

突然変異で誕生した兎男が人間に襲い掛かるモンスターホラー。ある動物研究施設で、遺伝子組み換えの実験材料であった兎から悪性ウィルスが発見される。施設には厳重な警備が敷かれていたが、ある日、動物愛護支持者によって兎は逃がされてしまう。