雨の日は会えない、 晴れた日は君を想う

妻の死後、あらゆる物を壊し始めた男。
そして見つけた、妻が遺したメッセージとは――。

  • 主演ジェイク・ギレンホール(『ナイトクローラー 』)×監督ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』)の強烈タッグ!

    主演は『ナイトクローラー』の狂気的な演技で人々を魅了したジェイク・ギレンホール。妻を亡くし自分を見失った空虚な男の脆さを、繊細な演技で見事に表現!また、監督は『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』の監督・ジャン=マルク・ヴァレの待望の最新作。何事にも無感覚になっている主人公の心の迷いに寄り添いながら、美しい映像と共にエモーショナルに描き切った。

  • 物語に華を添える豪華共演陣! “美しすぎる少年”にも注目!!

    ジェイク演じるデイヴィスの心を溶かしていくシングルマザーにナオミ・ワッツ、義父をベテランのクリス・クーパーが演じ物語に華を添えている。さらに、主人公の“破壊活動”を助ける少年・クリスを演じたのは、新鋭・ジューダ・ルイス。その存在感と演技力はもちろん、端正な顔立ち、クールな瞳、美しすぎるルックスに早くも熱視線が集まっている。

  • 身近な人を亡くした喪失感からどう抜け出すのか、そして人生で本当に大事なものとは…

    事故、病気、自然災害・・・人は誰しも突然、身近な人の命が奪われることを体験する。自身の人生をふと振り返り、“人生にとって大事なものは何か”を描いた本作。 人生の壁にぶち当たり、もがきながら、一歩踏み出そうとする主人公に共感、感情移入してしまうと話題に。

今すぐ視聴する

STORY

デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う味気ない日々。そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失ったーー。しかし、一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたデイヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだーー?

「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ」義父からの言葉が引き金となり、デイヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊し始める。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえもー。あらゆるものを破壊していく中で、デイヴィスは妻が遺した幾つもの”メモ”を見付けるのだが・・・。

CAST

  • デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)
    ジェイク・ギレンホール
    デイヴィス (ジェイク・ギレンホール)

    1980年、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父親が映画監督のスティーヴン・ギレンホール、母親がプロデューサーで脚本家のナオミ・フォナー。そして、姉が女優マギー・ギレンホール。毎年、映画界を賑わす作品に主演し、幅広い役柄を演じきる。2017年はかつないハイペースでさまざまな作品に出演。“カメレオン俳優”であることを証明してみせている。
    代表作『ナイトクローラー 』『サウスポー』『オクジャ/okja』

  • カレン(ナオミ・ワッツ)
    ナオミ・ワッツ
    カレン (ナオミ・ワッツ)

    1968年、イギリス・ケント州出身。「マルホランド・ドライブ」で主役に抜擢、全米批評家協会賞主演女優賞をはじめとする多くの演技賞を受賞し、高い評価を受ける。
    代表作『インポッシブル』『マルホランド・ドライブ』

  • フィル(クリス・クーパー)
    クリス・クーパー
    フィル (クリス・クーパー)

    1951年、アメリカ・ミズーリ州生まれ。大学で演技を学び、大学卒業後NYへ渡り本格的な活動をスタート。ブロードウェイの舞台でデビュー。
    代表作『夜に生きる』『かいじゅうたちのいるところ』

STAFF

  • 監督・製作 ジャン=マルク・ヴァレ

    モントリオール大学で映画製作を学ぶ。「ダラス・バイヤーズクラブ」(13)は数々の映画祭で評価され、アカデミー賞では作品賞を含み6部門にノミネートされ、主演男優賞・助演男優賞を受賞。「わたしに会うまでの1600キロ」(15)ではアカデミー賞主演女優賞・助演女優賞の2部門にノミネートされ話題を呼んだ。

  • 脚本 ブライアン・サイプ 『きみがくれた物語 』
  • 製作 リアンヌ・ハルフォン 『とらわれて夏』『ウォールフラワー』
  • 製作総指揮 サッド・ラッキンビル 『ボーダーライン』