舟を編む

舟を編む

対応デバイス

評価する
  • 配信期間: 2015/06/26 ~ 2018/03/31
  • みんなの評価:

マジメって、面白い。辞書【舟】を編集する【編む】人たちの感動エンタテインメント

あらすじ

出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめ みつや)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」――見出し語は24万語。完成まで15年。編集方針は「今を生きる辞書」。個性派ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂(へんさん)の世界に没頭する。そんなある日、出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?馬締の思いは伝わるのだろうか?

解説辞書【舟】を編集する=【編む】人たちの、言葉と人への愛を謳う、感動エンタテインメント!人と人との思いをつなぐ“言葉”というものを整理し、意味を示し、もっともふさわしい形で使えるようにするもの―辞書。辞書という【舟】を、編集する=【編む】、ある出版社の編集部の物語。24万語におよぶ言葉の海に奮闘する新人編集部員・馬締光也とその同僚たちの姿、そして、馬締が暮らす下宿屋の孫娘・林香具矢に初めて感じたある思いを、なんとか“言葉”にし伝えようとする、もどかしくも微笑ましいやりとりを描く。誰かに思いを伝えたい、つながりたい――“言葉”という絆を得て、それぞれの人生が優しく編みあげられていく!

キーワード 邦画 感動 ハイビジョン 日本アカデミー賞 ドラマ ロマンス

  • 舟を編む
  • 舟を編む
  • 舟を編む
  • 舟を編む

詳細情報

スタッフ
監督:石井裕也
脚本:渡辺謙作
撮影:藤澤順一
照明:長田達也
美術:原田満生
録音:加藤大和
編集:普嶋信一
音楽:渡邊崇
衣装:宮本まさ江
ヘアメイク:豊川京子
スクリプター:西岡容子
装飾:緒梅愛
助監督:野尻克己
製作:有賀高俊
製作:岩下真司
メイキング:横浜聡子
プロデューサー:土井智生
プロデューサー:五箇公貴
プロデューサー:池田史嗣
プロデューサー:岩浪泰幸
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。