凶愛

凶愛

対応デバイス

評価する
  • 配信期間: 2015/09/11 ~
  • みんなの評価:

私に絡みつく、DVの遠い記憶・・・あのおぞましい過去が今また蘇る。どこまでも付きまとうこの呪縛から、逃れる方法はただひとつ・・・!全世界で7億人を超える人々がもがき苦しむ・・・DVと言う名の凶器に迫る!

あらすじ

夏の喧騒が過ぎ去った人気のない海岸に、二人の男女が佇んでいる。女の名は山口真紀(西野翔)、男の名は橋本研二(並樹史朗)。真紀がまだ12歳の頃、母である俊江(齋木亨子)と橋本は情愛関係にあった。だが橋本の歪んだ性欲は、娘の真紀にまで食指を伸ばすようになっていく。俊江は必至で真紀を守ろうとしたが、その無力さから自ら命を絶ってしまう。成長した真紀は、DVで苦しめられた元夫篠崎悟(千葉誠樹)とも別れスナックを経営するようになり、女一人過去を封じ込め健気に生きていた。そんなある日、真紀の店に偶然橋本が客として現れる。真紀に見覚えがあると言うその視線に真紀の心は凍りついた。さらに縁を切ったはずの篠崎がまたしても真紀の前に現れる。ストーカー行為を繰り返し、執拗に真紀の身体を貪り始める。繰り返される人生への失望と諦めが真紀を自暴自棄にしていく。だがやがて真紀は運命を味方に付けるかのように、身体に絡まった黒い糸がするするとほどけていく様を見届けることになる・・・。

解説本作は、社会現象として最近メディアでよく取り上げられているテーマを基に、エロスを交えながらリスナーの心を引き寄せる極上エロティックサスペンスである。

キーワード 邦画 官能 R-15 バイオレンス エロス

  • 凶愛
  • 凶愛
  • 凶愛

詳細情報

スタッフ
監督:北沢幸雄
脚本:北沢幸雄
企画:北沢幸雄
企画:海津昭彦
製作:飯泉幸夫
製作:海津敏行
プロデューサー:臼井一郎
プロデューサー:井口秀和
プロデューサー:飯泉幸夫
撮影:倉本和人
撮影:佐久間栄一
照明:淡路俊之
録音:小林徹哉
美術:最上勝司
美術:永野桃子
助監督:若松直人
音楽:佐藤拓馬
編集:北沢幸雄
ヘアメイク:長尾加奈子
衣装:TAOKA
スチール:奥谷宏
監督助手:釜萢雄貴
主題歌:大原美紀
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。