バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌

バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌
評価する

【あらすじ】

BRを生き抜いた七原秋也と中川典子があの島を脱出して2年…。世界はテロの時代に突入した。BR法国家に抵抗する者たちにより首都が破壊され、国家は七原がその破壊活動を行った凶悪テロリストと断定し、国際指名手配とした。首都崩壊から1年後。その反BR法結社‘ワイルドセブン’のリーダーとなった七原は全ての大人に宣戦布告。大人たちは、七原を抹殺するため、正義の名のもとに新しいゲーム、新世紀テロ対策特別法・通称【BRⅡ】を開始した。全国から不良や不登校といった問題児ばかりが集められた鹿之砦中学校3年B組の生徒42名は、クリスマスに行われるスキー学校に向かうバスの中で軍に拉致されてしまう。軍服に着替えさせられ、軍の巨大テントの中に押し込まれたところに、担任だった教師RIKIが現れる。混乱する生徒たちに、RIKIは鹿之砦中学校3年B組が、今回の【BRⅡ】に参加するクラスに選ばれたことを告げ、そして【BRⅡ】のルールを説明し始める。そのルールとは、1.孤島に立て籠もったテロリスト・七原を見つけて殺せば勝ち、2.制限時間は3日間、3.ペアタッグマッチであった。こうしてテロリスト制圧の戦争へと否応なく生徒たちを駆りたてる。首都破壊で家族を亡くしたことで七原に復讐を誓う者、志願してBRⅡに参加する者がいる中、参加を拒否した者がその場で射殺される。すると同じ出席番号の者は、ペアタッグマッチの新ルールにより必然的に爆死する。残り40名となった生徒たちは、出席番号順に6艇の自動操縦のボートに乗せられ、最前線の戦場へと送り出される。激しく揺れるボートに必死にしがみつき、波しぶきでずぶ濡れになる中、なんとか孤島に着き、上陸しようとすると、テロリストたちの攻撃に曝される。光弾が飛び交い、迫撃砲が地を揺らす中、思わず重なり合って弾を避ける者、全身に弾を喰らい蜂の巣になる者、ボートに直撃した迫撃弾で吹き飛ばされる者と阿鼻叫喚の世界が繰り広げられる。一方、攻めてきたのが中学生とは知らないワイルドセブンの面々は、容赦ない攻撃を仕掛ける。そして、激しい銃撃と迫撃をかわし、ようやく上陸した生徒たちに武器と弾薬が配られる。もはや引き返すことはできない…。ここまで生き残った生徒25名は、アジトに向かって武器を手に走り出す。再び大人たちの手による子供同士の戦いに巻き込まれた七原秋也たち、そして生徒たちの運命はどうなってしまうのか…!?

【解説】オレ達は、かつてオレ達を殺し合わせたすべてのオトナを許さない。誰も戦わずに勝ち得た平和なんかない。すべてのオトナに宣戦布告!「もう一度子供たちと一緒にやりたい」という深作欣二監督の強い希望により同作の製作が決定。だが、その企画会見の席上で、深作欣二監督は自らが骨ガンに冒されていることを告白。そして、それにも拘わらず同作のメガホンを取ることを表明する。6,000人にもおよぶオーディションを勝ち抜いた生徒役42名とテロリスト役キャストは、2ヶ月にもおよぶ過酷な訓練とリハーサルを経て、2002年12月16日にクランクイン。その直後容態が急変した深作欣二監督に代わり、深作健太が監督代行を務めるが、2003年1月12日に永眠。だが、そんな哀しみの中、1月18日には深作健太新監督のもと撮影が再開される…。バイオレンス映画の巨匠・深作欣二が、最後の監督作品として渾身の力を注いだ『バトル・ロワイアルⅡ』が、深作健太監督と深作組スタッフ&キャストたちにしっかりと引き継がれ、新たなる『バトル・ロワイアルⅡ』が誕生する!

【キーワード】 邦画 現代劇 小説原作 サスペンス バイオレンス アクション 学園

  • バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌
  • バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌
  • バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌
  • バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌

詳細情報

スタッフ
原作:高見広春
監督:深作欣二
監督:深作健太
脚本:深作健太
脚本:木田紀生
音楽:天野正道
主題歌:木田紀生
キャスト
七原秋也:藤原竜也
キタノシオリ:前田愛
青井拓馬:忍成修吾
浅倉なお:酒井彩名
久瀬遙:末永遙
桜井晴哉:勝地涼
槙村慎太郎:黄川田将也
筧今日子:神戸みゆき
桜井サキ:加藤夏希
左海貢:石垣佑磨
早田マキ:真木よう子
中川典子:前田亜季
教師RIKI:竹内力
三村真樹雄:千葉真一
中区総理大臣:津川雅彦
拓馬の母:三田佳子
教師キタノ:ビートたけし
その他の情報
レビュー
決済方法
購入にはクレジットカード(VISA、MASTER、DC、UFJ、NICOS、JCB、AMEX、UC、DINERS)とビットキャッシュがご利用いただけます。
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。