ブラックリベンジ

ブラックリベンジ
ブラックリベンジ

対応デバイス

評価する
  • 配信話数: 全7話
    配信中 : 1話 ~ 7話
  • 追加話数: 6話 ~ 7話
  • 配信期間: 2017/10/07 ~ 2018/01/21
  • みんなの評価:

あらすじ

“スキャンダル”によって、最愛の夫を失った一人の女は、“スキャンダル”によって、復讐相手を地獄に突き落とす・・・。「目には目を。スキャンダルにはスキャンダルを。」このドラマの舞台は、人間の持つ“黒い夢”、“黒い願望”を叶える魔力を持つ、ドラマよりドラマチックな“スキャンダル”の世界――。最愛の夫をスキャンダルで失った女が週刊誌の記者となって、今度は自分がスキャンダルを操り、夫を陥れたゲスたちを追い詰めていく。“スキャンダル”の世界を舞台に、復讐のために“悪女”が“悪女”を陥れあう“登場人物、全員ゲス”なジェットコースター復讐劇!

キーワード サスペンス ハイビジョン 復讐 TVドラマ

  • ブラックリベンジ
各ストーリー
詳細表示 | 簡易表示
作品情報 1話購入 セット購入
ブラックリベンジ 第1話 ♯1

第1話 ♯1

5年前、将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事をスクープされ、それを苦に自殺。妻の今宮沙織(木村多江)は最愛の人、そして生まれてくるはずだった新しい命を奪われる。しかし5年後、そのスキャンダルがねつ造であることを知った沙織は、ねつ造した塚本らへの復讐を誓う。

1週間 216円
1話~5話 1週間864円
ブラックリベンジ 第2話 ♯2

第2話 ♯2

「週刊星流」契約ライターになった沙織は、年商1500億円を誇るIT企業のイケメン社長との結婚式を控える人気絶頂の女優、サユミのスキャンダルを暴くために動く。サユミが週刊誌にスクープされた事が一度もないのは、サユミの幼馴染でもあるマネージャーの足立奈津が裏で手を回しているおかげだった。

1週間 216円
ブラックリベンジ 第3話 ♯3

第3話 ♯3

沙織はネット通販会社の女社長、南條に復讐するために動き出す。そんな折、沙織は「週刊星流」デスクの天満龍二から依頼され、沙織の事を調べていた便利屋の城田純一に復讐を気付かれて恐喝される。天満自身も独自に動いて沙織の正体を探る。5年前に圭吾の記事を書いたのは天満だった。

1週間 216円
ブラックリベンジ 第4話 ♯4

第4話 ♯4

沙織は南條が美少年愛人倶楽部を運営している事を突き止めるが、記事にするには店のサイトの存在と南條が運営している証拠が必要だった。証拠を掴めない沙織だったが、そんな時、差出人が圭吾のメールが届く。数日後、南條が経営するネット通販会社の設立10周年&オリジナルブランド発表会が開催される。

1週間 216円
ブラックリベンジ 第5話 ♯5

第5話 ♯5

沙織は追い込んだ南條から5年前の黒幕が「週刊星流」編集長の福島だという新事実を知り、復讐を誓う。デスクの天満は謎の死を遂げた便利屋の城田が残した資料から沙織の正体と目的に気付く。天満は沙織と話をして、圭吾の記事がねつ造された事を初めて知る。沙織は謝罪する天満に福島を地獄の底に叩き落す手伝いを頼むが・・・

1週間 216円
ブラックリベンジ 第6話 ♯6

第6話 ♯6

沙織は黒幕の「週刊星流」編集長の福島勲のねつ造を紙面で告発しようとするが、福島によって記事は差し替えられる。それは妹の綾子が圭吾の愛人だったという記事だった。沙織は激怒するが、福島は全部真実だと主張して証拠動画を見せる。その動画で、圭吾は綾子と肉体関係を持った事を認めていた。

1週間 216円
ブラックリベンジ 第7話 ♯7

第7話 ♯7

黒幕の星流編集長、福島勲は、沙織の妹の綾子が圭吾の愛人だったという記事を星流に掲載。綾子は圭吾との肉体関係を認め、悠斗が圭吾との間にできた子供と沙織に打ち明ける。圭吾、綾子に裏切られ、打ちひしがれる沙織に追い打ちをかけるように福島は悠斗の事も最新号に掲載。さらに星流の記者に綾子を直撃取材させる。

1週間 216円

詳細情報

スタッフ
チーフプロデューサー:柿本幸一、田中壽一
プロデューサー:福田浩之、尾上貴洋
演出:大谷太郎
脚本:佐藤友治
音楽:大間々昴
主題歌:『闇に咲く花 ~The Catastrophe~』SING LIKE TALKING feat.サラ・オレイン UNIVERSAL J
監修:中村竜太郎
制作協力:ytvNextry
制作著作:読売テレビ
キャスト
今宮沙織:木村多江
福島勲:佐藤二朗
糸賀朱里:鈴木砂羽
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。