いちばんきれいなの。

いちばんきれいなの。

対応デバイス

評価する

あらすじ

目をさますと、彼女はゴミ集積場の中にいた。ゴミ集積場の中には、そこで暮らしている人間たちがいた。彼らは、ここを生活スペースとし、ここで生きて、死んでいく。最初は驚くも、彼らの生活、優しさにいつしか心を開く彼女であったが、自分がどうしてここへ来たのか思い出せないという。ここを抜け出すには、この高いゴミの山を登りつめなくてはいけない。「上に行ったら、何があるのだろう…」ゴミの中で、いちばんきれいなものを探し求める、人々の生活。

解説食べかけのお菓子もジュースも、好きだった音も。
そうそう。そういえば、消えていくんだった。
目をあけると、足は汚れていた。へんな場所に立っていた。
色褪せて色褪せて、色が抜けて。なにごともなく、消えていく。
そこは、広い場所だった。
このせかいは、いままで見た中の、「いちばんきれいなの。」
たぶん、そうだ。

キーワード エンターテイメント 演劇 舞台 ドラマ

  • いちばんきれいなの。
  • いちばんきれいなの。
  • いちばんきれいなの。
  • いちばんきれいなの。
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。