旧列車で行こう 水島臨海鉄道編

旧列車で行こう 水島臨海鉄道編

対応デバイス

評価する

倉敷の街と昭和の発展を牽引した車両はこの街の永久欠番である・・・。

あらすじ

日本の高度成長期と街の発展を支えた昭和の鉄道。 岡山県倉敷市にある水島臨海鉄道の車輛もそのひとつだ。 倉敷市から三菱自動車工場並びに貨物ターミナルを結ぶ旅客車輛と貨物車輛は 日本経済の発展の為に休む事無く走り続け、今もなお力強く稼動している。 その昭和が刻まれた水島臨海鉄道を徹底分析。 未だ衰える事無いディーゼルエンジンや車輛内部、 そして何百メートルにも及ぶ貨物車輛を引く貨物車のコクピットやフルボディを披露。 その姿こそ昭和のレジェンドだ。 倉敷市駅から湾岸へと伸びる水島臨海鉄道は情緒ある倉敷の美観地区から 水島の工場地帯へと繋ぐ街の大動脈を果たしている。 工場から出荷される貨物を全国へと送り出す力強い貨物列車は圧巻である。

キーワード 鉄道

  • 旧列車で行こう 水島臨海鉄道編
  • 旧列車で行こう 水島臨海鉄道編
  • 旧列車で行こう 水島臨海鉄道編

詳細情報

スタッフ
情報はありません
キャスト
情報はありません
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。