あなたがしてくれなくても
コミック
12巻配信中

あなたがしてくれなくても

吉野みち、32歳。結婚して5年、レスになって2年。
夫とは仲が悪いわけではないが、
ただひとつ、“セックス”だけが足りていなかった。
ひょんなことから、会社の先輩である新名誠(36歳)と
飲むことになったみちは、つい酒の勢いで
セックスレスの悩みを打ち明けてしまう。
すると新名は驚いた顔をして、
「うちもレスなんだよね…」と
寂しそうに笑った――…。

著者・作者
ジャンル
出版社
双葉社
レーベル
アクションコミックス
配信数
12巻(13巻中)
タグ
もっと見る
  • あなたがしてくれなくても 1
    あなたがしてくれなくても 1

    吉野みち、32歳。結婚して5年、レスになって2年。
    夫とは仲が悪いわけではないが、
    ただひとつ、“セックス”だけが足りていなかった。
    ひょんなことから、会社の先輩である新名誠(36歳)と
    飲むことになったみちは、つい酒の勢いで
    セックスレスの悩みを打ち明けてしまう。
    すると新名は驚いた顔をして、
    「うちもレスなんだよね…」と
    寂しそうに笑った――…。

  • あなたがしてくれなくても 2
    あなたがしてくれなくても 2

    吉野みち、32歳。結婚して5年、レスになって2年。夫とは仲が悪いわけではないが、ただひとつ、“セックス”だけが足りていなかった。
    会社の先輩である新名に相談することで、救われていたみちだったが、その新名もまた、妻から拒否されていて…。

  • あなたがしてくれなくても 3
    あなたがしてくれなくても 3

    吉野みち、32歳、既婚。
    夫とは仲が悪いわけではないが、ただひとつ“セックス”だけが足りていなかった。
    会社の先輩・新名誠とレスの悩みを分かち合い、互いを支えに伴侶に向き合おうとする二人だったが、
    妻・楓からの冷たい拒絶にあった誠の心はみちを強く求めはじめ――…。

  • あなたがしてくれなくても 4
    あなたがしてくれなくても 4

    吉野みち、32歳、既婚。夫との仲はおおむね良好。ただひとつ”セックス”を除いては――。社員旅行中、みちの部屋を訪れた誠。パートナーとの結婚生活に満たされない二人は互いを求め合うが……。

  • あなたがしてくれなくても 5
    あなたがしてくれなくても 5

    吉野みち、32歳。夫との仲はおおむね良好。ただひとつ”セックス”を除いては――。誠に別れをつげ、陽一と向き合うことを決めたみちは、なるべく二人の時間を増やそうと、旅行の提案をする。一方、誠と楓も夫婦関係をなんとか修復しようとするが、なかなか溝は埋まらず……。

  • あなたがしてくれなくても 6
    あなたがしてくれなくても 6

    吉野みち、32歳。夫との仲はおおむね良好。ただひとつ”セックス”を除いては――。陽一に悲痛な本音をぶつけられ、自分勝手な自分に気づいてショックを受けたみち。落ち込んでいるみちに誠は「あなたを忘れられない」という想いと、「正面から妻と向き合わなければならない」という、自分が抱えている問題を告げ……。

  • あなたがしてくれなくても 7
    あなたがしてくれなくても 7

    吉野みち、32歳。夫との仲はおおむね良好。ただひとつ”セックス”を除いては――。陽一とのレス問題に悩むことからいったん離れ、昇進試験に挑戦し始めたみち。前向きな日々を送るも、誠の忘れ物を届けに来た楓と遭遇してしまう。その洗練された姿と自分を比べてしまい、みちはひどく落ち込みうろたえるが……。

  • あなたがしてくれなくても 8
    あなたがしてくれなくても 8

    吉野みち、32歳。夫との仲はおおむね良好。ただひとつ”セックス”を除いては――。陽一から「子供は欲しくない」と告げられたことをきっかけに、自分の気持ちが今までないがしろにされていたことに気づいたみち。二人の未来を案じ、陽一から謝罪を受けるも許すことができず……。

  • あなたがしてくれなくても 9
    あなたがしてくれなくても 9

    吉野みち、32歳。夫との仲はおおむね良好。ただひとつ“セックス”を除いては――。子供に対する想いの決定的な違いをきっかけに、陽一への愛情がなくなったことを自覚したみち。ついに陽一へ離婚の意志を伝えるが、みちと別れたくない陽一は断固拒否し、話し合いにもまったく取り合わず……。

  • あなたがしてくれなくても 10
    あなたがしてくれなくても 10

    吉野みち、32歳。夫との仲はおおむね良好。ただひとつ“セックス”を除いては――。同居生活に戻った楓と平穏な日常を過ごしていた誠。しかし本心を言わないことこそが楓を傷つけていると気付き、「男としての愛情が戻らない」と伝えた。二人は、どんなに時間がかかってもお互いが納得するまで話し合おうと誓うが……。

この作品をシェア

レビューを書く
5
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0