大正野球娘。 全話

大正野球娘。 全話
大正野球娘。 全話

対応デバイス

評価する
  • 配信話数: 全12話
    配信中 : 1話 ~ 12話
  • 配信期間: 2020/08/26 ~ 2030/03/31
  • みんなの評価:

あらすじ

大正野球娘。 全話を収録したお得なセット

キーワード 伊藤かな恵 中原麻衣 植田佳奈 能登麻美子 甲斐田裕子 喜多村英梨 広橋涼 牧野由依 後藤沙緒里 藤村歩 無料動画 野球 学園 スポーツ ライトノベル原作

お得なセット商品

各ストーリー
詳細表示 | 簡易表示
作品情報 1話購入 セット購入
大正野球娘。 第1話 男子がすなるという、あれ

第1話 男子がすなるという、あれ

時は大正十四年、東邦星華高等女学院に通う洋食屋の娘、鈴川小梅は、ある日友人の小笠原晶子に突然、「一緒に野球をしていただきたいの!」と言われ、その勢いに押されて、野球がどんなものか良くわからないまま思わずうなずいてしまう。授業が終わった後、晶子はクラスのみんなに向かって、野球に参加してほしいと呼びかける。そのわけは、小笠原家のパーティーに出席していた朝香中学の岩崎という人物が関係していた。

一話無料 0円
1話~6話 1週間880円
大正野球娘。 第2話 春の長日を恋ひ暮らし

第2話 春の長日を恋ひ暮らし

小梅と晶子はさっそく英語教師のアンナ・カートランドから野球の指導を受ける。晶子はピッチャー、小梅はキャッチャーということで、投球練習を始めるのだが、キャッチャーとして捕球の仕方もわからない小梅は、晶子からボールを受けるつもりで、地面に正座してしまう。そんな二人のやり取りが気になって仕方がない、クラスメイトの巴は、仲間に入りたいが素直に言い出せない。だが、体育の授業のときにその俊敏な動きをみたアンナは巴を野球部に勧誘するのだが・・・。

3日間 220円
大正野球娘。 第3話 娘九つの場を占めて

第3話 娘九つの場を占めて

何とか苦労して9人集め、野球が出来る事に。小梅たちは、この会を『桜花会』と名づける。だが学院長からは、学校の正式なクラブとしては許可してもらえず、しかたなく同好会としてスタートを切ることになった。とりあえず部室ももらえたのだが、そこは使われていないぼろぼろの物置だった。それでも少しずつ物置を修理し、グラウンド整備にも励み、なんとか練習ができるように。そんな中、アンナ先生は、9人の守備を発表する。さらに、朝香中学に練習試合を申し込んだことを川島乃枝が告白する。

3日間 220円
大正野球娘。 第4話 これから

第4話 これから

朝香中学との試合後、2日が過ぎても学校に来ない晶子。心配になった小梅はお見舞いに出かけることに。だが行ってみると晶子は意外と元気だった。だが、小笠原家の運転手の松阪は、晶子がおとといから食事もせず寝込んでいたという・・・。一方、学院では尾張記子が退部したいと言い出したり、試合で痛恨のエラーをした鏡子も練習に姿を見せない。なんとなく雲行きが怪しくなっている東邦星華桜花会だが・・・。そんなとき、洋食屋・すず川に小梅を訪ねて、岩崎と高原がやってくる。

3日間 220円
大正野球娘。 第5話 花や蝶やと駆ける日々

第5話 花や蝶やと駆ける日々

呉服屋の娘・宗谷雪が、自宅の蔵の中で眠っていた運動着を持ってきた。早速みんなで着込んでさあ練習!ところが、記子が抜けて8人となったため、アンナは当分人数が揃うまで、野球の練習よりも本格的な基礎トレーニングに切り替えた。だが、予想以上の厳しい練習に、みんな根を上げてしまう。早く9人目を探そうとあせる小梅たち。乃枝が戦術的観点から足の速い「切り込み隊長」を探そうと提案する。情報通の記子に聞くと「足の早い人を探すなら陸上部に行けば」と言われ、晶子・小梅・乃枝の3人はさっそく陸上部の練習を見に行くことに。

3日間 220円
大正野球娘。 第6話 球は広野を飛び回る

第6話 球は広野を飛び回る

「実戦に勝る練習はありません」とアンナ先生に言われ、他校に練習試合を片っ端から申し込むものの、断られっぱなしの桜花会。小梅は、野球をやる場所がなくて困っている小学生たちに、場所を提供する代わりに試合を申し込む。ところが小学生にもぼろ負けしてしまい、問題山積み。そこで乃枝が「川島流勝利の方程式」と称した善後策を披露する。いろんな対策がある中で、晶子と小梅には「バッテリーは一心同体、真の夫婦の努力を」と言われ、「新婚生活」を送るべく、晶子が鈴川家にやってくる。

3日間 220円
大正野球娘。 第7話 麻布八景娘戯

第7話 麻布八景娘戯

市中では「辻打ち」という、有名中学のピッチャーが夜道に何者かにバットで挑まれ、打たれるという珍事件が発生している。桜花会の中でも、石垣環が噂話をしだすが、そこへ妙に絡んでくる巴。実は辻打ちの正体は巴だったのだ。かねてから小梅に近づきたい巴が小梅を巻き込んだいたずらだったのだが、その二人の不審な行動に晶子が気づき、ならばと、こんどは晶子が夜道で「辻投げ」と称して練習中の魔球で男子生徒に挑むのだが…。

3日間 220円
7話~12話 1週間1056円
大正野球娘。 第8話 麻布の星

第8話 麻布の星

本日も小学生たちと練習試合をしている小梅たち。スコアブックのつけ方を学んだ乃枝は、苦労して身につけた魔球を使ってみないかと晶子に持ちかける。だが晶子はまだ魔球を思うように投げられず、この日も結局負け。そんな試合の様子を伺う男がいた。彼は吉村という国際キネマの社員で、製作中の映画の主演女優の代役に小梅を起用したいと言い出した。

3日間 220円
大正野球娘。 第9話 誤解の多い料理店

第9話 誤解の多い料理店

小学生との練習試合を重ね、自分たちの弱点を徐々に克服し、上達してきた桜花会メンバー。ついに、太郎たち小学生から1勝をもぎ取ることができた。それを見てアンナは朝香中学に正式に試合を申し込むことに。一方、両親に野球をやっていることを告げられないでいる小梅は、あることがきっかけで父・洋一郎と大ゲンカになり大騒動。そんな中、朝香中学から試合を拒否する手紙が届く。晶子は激怒して岩崎に電話をするのだが・・・。

3日間 220円
大正野球娘。 第10話 私は何をする人ぞ

第10話 私は何をする人ぞ

桜花会は合宿のため、小笠原家の別荘へ。鏡子は、この機会に巴との距離を一気に縮めようと張り切る。昨晩の嵐で別荘は、半壊状態で、近くの公民館で合宿を行うことに。アンナはこの2週間が、総仕上げとさっそく練習を始める。鏡子は、巴にいいところを見せようとするが失敗ばかり。合宿の中日、アンナが肝試しを提案、落ち込んでいた鏡子は、チャンスと意気込む。

3日間 220円
大正野球娘。 第11話 そゞろに胸の打ち騒ぐ

第11話 そゞろに胸の打ち騒ぐ

朝香中学との試合前日、小梅の両親は、野球の事を知ってしまう。近所の寺で素振りをしている小梅を見つけた父・洋一郎は、隠し事をし、嘘をついていたことを叱る。翌朝、小梅は洋一郎の反対を押し切って家を出る。試合前の練習を始める桜花会。開始時間が近づき、朝香中学の練習も始まるが、なぜか晶子が、姿を見せない。家に電話をすると、急な発熱で、休ませるとの事。不審に思った小梅は晶子の家に駆けつける。

3日間 220円
大正野球娘。 第12話 土と埃にまみれます

第12話 土と埃にまみれます

ついに朝香中学との試合が始まった。序盤は、巴の打撃と晶子の魔球が威力を発揮し、桜花会がリードする。しかし、晶子の魔球に対策を講じた朝香打線は五回表、ついに逆転し、なお突き放していく。大量リードを許し、これ以上一点も与えられない七回表。ヒット性のあたりを雪がナイスキャッチし、なんとかのりきるが、雪はそのまま地面に倒れこんだまま動かなかった。

3日間 220円

詳細情報

スタッフ
原作:神楽坂淳
監督:池端隆史
プロデューサー:村上仁之、中村伸一、三ッ木早苗、藤田朋洋、小池克実
脚本:池端隆史、天河信彦、白石雅彦
音楽:服部隆之
キャスト
伊藤かな恵
中原麻衣
植田佳奈
能登麻美子
甲斐田裕子
喜多村英梨
広橋涼
牧野由依
後藤沙緒里
藤村歩
新井里美
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。