特命戦隊ゴーバスターズ

特命戦隊ゴーバスターズ
特命戦隊ゴーバスターズ

対応デバイス

評価する
  • シリーズ: スーパー戦隊
  • 配信話数: 全50話
    配信中 : 1話 ~ 50話
  • 配信期間: 2019/06/01 ~ 2020/03/31
  • みんなの評価:

人々を守るために選ばれた3人の戦士!特命戦隊ゴーバスターズが出動!
相棒のバディロイドと共に、悪の組織ヴァグラスと戦うぞ!!特命戦隊出動せよ!!

あらすじ

13年前―。人里離れた研究所のスーパーコンピューターにバグが発生。意思を持って暴走し、人々を襲ってきた。人類は大きな犠牲を払い、研究所ごと亜空間に転送、当面の危機は回避された。しかし、亜空間に転送されたメサイア率いる“ヴァグラス”は完全に滅びたわけではなく、この世界と人類を支配するため密かに体制を整えていたのだ。そして人類も、ヴァグラス襲来に備え、『特命戦隊ゴーバスターズ』を結成していた。事件から13年―、時は新西暦2012年(N.C.2012)。都市生活を支える新エネルギ“エネトロン”を狙い、ヴァグラスが出現。今こそ出撃の時!人々を守る特命を帯びて戦う“ゴーバスターズ”が、相棒の“バディロイド”とともヴァグラスに立ち向かう!

解説シリーズ第36作にして、“スーパー戦隊”を新たなるステージへと導くべく登場した『特命戦隊ゴーバスターズ』。“グループヒーロー”や“巨大ロボ”といった、スーパー戦隊の基盤となっている要素を捉え直し、最新の映像技術と豊かなイマジネーションで再構築した意欲作。

キーワード 特撮 実写 変身 アクション 戦闘 ヒーロー

  • 特命戦隊ゴーバスターズ
  • 特命戦隊ゴーバスターズ
  • 特命戦隊ゴーバスターズ

お得なセット商品

各ストーリー
詳細表示 | 簡易表示
作品情報 1話購入 セット購入
特命戦隊ゴーバスターズ 第1話 Mission1「特命戦隊、集結せよ!」

第1話 Mission1「特命戦隊、集結せよ!」

新西暦2012年。人類の都市生活を支える巨大エネルギー“エネトロン”を狙うヴァグラスが現れた。駆けつけたブルーバスターのリュウジと、イエローバスターのヨーコに、ヴァグラスの戦闘員バグラーが襲い掛かる。2人は変身しバグラーを撃破。しかし、エンターと名乗る男は逃げてしまう。

1週間 110円
1話~4話 1週間352円
特命戦隊ゴーバスターズ 第2話 Mission2「13年前の約束」

第2話 Mission2「13年前の約束」

3人そろったゴーバスターズ。しかし、ヨーコは、ヒロムだけが特別扱いされているのが気に入らない。そんな中、エネトロンの異常流出が発生。ゴーバスターズが現場に駆けつけるが、ヒロムはニワトリに遭遇しフリーズ、おやつを忘れたヨーコは充電切れしてしまう。エンターを発見したリュウジは、ブルーバスターに変身し、ひとりで応戦することに。

1週間 110円
特命戦隊ゴーバスターズ 第3話 Mission3「GT-02アニマル、出撃!」

第3話 Mission3「GT-02アニマル...

病院で、エネトロンの異常消費反応と、敵メガゾードの転送反応が。ゴーバスターズが駆けつけるが、ヴァグラス反応はなく、人の出入りもない。不審に思った3人が院内に入ると、機械化された人間たちが襲ってきた。エンターの話によると、ヴァグラスは、エネトロンを奪うだけでなく、人間たちを苦しめ、支配し、命まで奪おうとしているようだ。

1週間 110円
特命戦隊ゴーバスターズ 第4話 Mission4「特命と決意」

第4話 Mission4「特命と決意」

特命部司令官の黒木は、バスターマシンの戦力アップを計画していた。さらに、亜空間からの転送には約3キロの誤差が出るという新たな事実が判明する。ヒロムは、メサイアと一緒に転送された人たちを助けるためにも、亜空間に突入したかった。しかし、亜空間に生存者はいないと考える黒木や上層部は、救出ではなくメサイアのシャットダウンを目的としていた。

1週間 110円
特命戦隊ゴーバスターズ 第5話 Mission5「キケンな熱暴走!」

第5話 Mission5「キケンな熱暴走!」

ゴーバスターズの今回の特命は、エネトロンタンクを破壊された地区へのエネトロン輸送トラックの護衛。案の定、輸送中のトラックを狙い、エンターはメタロイド“タイヤロイド”を出現させる。そこでトラックの護衛はヒロムに任せ、リュウジとヨーコはゴーバスターズに変身し、メタロイドに応戦することに。

1週間 110円
5話~8話 1週間352円
特命戦隊ゴーバスターズ 第6話 Mission6「合体!ゴーバスターオー」

第6話 Mission6「合体!ゴーバスター...

ゴーバスターオーへの合体“コンバインオペレーション”の訓練が始まった。ゴーバスターオーはエネトロンを大量に使うため、長く合体していられない。そのため、戦闘から離脱せず、敵の攻撃を受けながらの合体となる。わずかな遅れが命取りになるのだ。ところが、パイロットとしてバツグンの腕を持つヒロムが、タイミングがつかめず失敗ばかり。

1週間 110円
特命戦隊ゴーバスターズ 第7話 Mission7「エース整備不良?!」

第7話 Mission7「エース整備不良?!」

前回の戦いで損傷したゴーバスターエースの修復も完了。格納庫に様子を見に来たヒロムは、新人整備士・小山(川隅美慎)がエースを担当していることを知り、少し不安を感じる。そんな中、線路の上を走って電線からエネトロンを集めるメタロイド“デンシャロイド”が出現。さらに、敵メガゾードの転送反応も。

1週間 110円
特命戦隊ゴーバスターズ 第8話 Mission8「マシン設計図を守れ!」

第8話 Mission8「マシン設計図を守れ!」

ヒロムとヨーコがまだ寝ている中、リュウジは早朝から訓練を行っていた。年上のリュウジは、訓練を始めた年齢が高かったため、ヒロムたちとの差を埋めるために自主訓練を行っているのだ。そんな中、エネルギー管理局付属のメガゾード開発工場にヴァグラスが侵入。エンターの狙いは、極秘に進めていた新バスターマシンの設計図のようだ。

1週間 110円
特命戦隊ゴーバスターズ 第9話 Mission9「ウサダ奪還作戦!」

第9話 Mission9「ウサダ奪還作戦!」

ヨーコとウサダは、またしてもケンカ中。ゴーバスターズがヴァグラスから回収したエネトロンを管理局へ届ける任務も、ウサダが単独で行うことに。ところが、任務終了後、ウサダが誘拐されてしまう。犯人は、ウサダを返して欲しければ、エネトロンを2千トロン用意しろと要求してきた。犯人の様子から、ヴァグラスは絡んでないようだ。

1週間 110円
9話~12話 1週間352円
特命戦隊ゴーバスターズ 第10話 Mission10「戦う理由」

第10話 Mission10「戦う理由」

バグラーが大量に出現。ゴーバスターズが駆けつけ応戦するが、バグラーは倒しても倒しても現れるのできりがない。ついにリュウジは熱暴走してしまう。そんな中、ヴァグラスによるものと思われる強盗事件が発生。奪われたのはレアメタルのひとつで、メガゾードの心臓部に使われているデルタニウム39。エンターの本当の狙いは、これだったようだ。

1週間 110円
特命戦隊ゴーバスターズ 第11話 Mission11「ねらわれたウィークポント」

第11話 Mission11「ねらわれたウィー...

エネトロンを奪おうとするエンターが出現。ゴーバスターズが駆けつけ応戦するが、ブルーが胸に装着した装置から警告音が鳴り、3人は戦いに集中できない。その装置は、リュウジの熱暴走を心配したゴリサキが作った安全装置。体温の変化を感知して、危険を知らせてくれるのだ。しかし、あまりのうるささに、リュウジはスイッチを切ってしまう。

1週間 110円
特命戦隊ゴーバスターズ 第12話 Mission12「変装はお好き?」

第12話 Mission12「変装はお好き?」

メガゾード開発工場から警告があった。ヴァグラスは、メガゾードの製作過程で亜空間にはないクリスタルを狙う可能性があるというのだ。クリスタルは国内にはない珍しい鉱石だが、香港映画の記者会見のため来日する主演女優が所有しているらしい。クリスタルと所有者を守る特命を受けたゴーバスターズは、女優アンジー・スーの写真を見て驚く。なんと、ヨーコとそっくりなのだ。

1週間 110円

詳細情報

スタッフ
原作:八手三郎
脚本:小林靖子、毛利亘宏、下山健人
監督:柴﨑貴行、中澤祥次郎、渡辺勝也、竹本昇、加藤弘之、金田治、舞原賢三、佛田洋
キャスト
桜田ヒロム:鈴木勝大
岩崎リュウジ:馬場良馬
宇佐見ヨーコ:小宮有紗
黒木タケシ:榊英雄
仲村ミホ:西平風香
森下トオル:髙橋直人
エンター:陳内将
桜田リカ:吉木リサ
チダ・ニックの声:藤原啓治
ゴリサキ・バナナの声:玄田哲章
ウサダ・レタスの声:鈴木達央
メサイアの声:佐々木誠二
ナレーション:宗方脩
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。