ビューティフル・デイ

ビューティフル・デイ

対応デバイス

評価する
  • 配信期間: 2018/12/04 ~ 2020/03/31
  • みんなの評価:

あらすじ

男は元軍人。依頼は拉致された少女の救出。だが、何かがおかしい――元軍人のジョーは行方不明者の捜索を請け負うスペシャリスト。ある時、彼の元に舞い込んできた依頼は、いつもと何かが違っていた。依頼主は州上院議員。愛用のハンマーを使い、ある組織に囚われた議員の娘・ニーナを救い出すが、彼女はあらゆる感情が欠落しているかのように無反応なままだ。そして二人はニュースで、依頼主である父親が飛び降り自殺したことを知る――。

解説名優にして怪優、ホアキン・フェニックス主演 第70回カンヌ国際映画祭主演男優賞&脚本賞W受賞の快挙!全世界を圧倒した傑作ヴァイオレンス・サスペンス!!

キーワード 洋画 イギリス ハイビジョン PG-12 カンヌ映画祭受賞 サスペンス バイオレンス

  • ビューティフル・デイ
  • ビューティフル・デイ
  • ビューティフル・デイ

スタッフコメントメインとなる登場人物はPTSDを抱えたハンマーおじさんと囚われたアンニュイ金髪美少女。好きな人には堪らない組み合わせですね。全体的にセリフが少なく、最後まで淡々した雰囲気。最初は物足りない!と思っていたのですが、見終わる頃にはこれでいいのだ!と満足。リン・ラムジー作品特有の映像美と無機質なエレクトロ音楽合わさり、視聴者をどんどん映画に引き寄せていきます。BGMを担当したのはロックバンド「レディオヘッド」のギターのジョニー・グリーンウッド。リン・ラムジー作品では「少年は残酷な弓を射る」でもBGMを担当しています。映画は派手な演出はありませんが、全体的に精神的にくる不安定さ、妙なハラハラ感が常にあります。話はシンプルですがどこか難しい映画。原題は「you Were Never Really Here」。ビューティフル・デイは邦題ですが、ラストシーンを観ると「良い邦題つけたな~」と思うことでしょう。

視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。