蜜のあわれ

蜜のあわれ

対応デバイス

評価する
  • 配信期間: 2016/09/09 ~
  • みんなの評価:

人を好きになるということは、愉しいことでございます。

あらすじ

おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ 自分のことを「あたい」と呼び、まあるいお尻と愛嬌のある顔が愛くるしい赤子(二階堂ふみ)は、共に暮らす老作家(大杉漣)を「おじさま」と呼んで、かなりきわどいエロティックな会話を繰り返し、夜は身体をぴったりとくっ付けて一緒に眠る。しかしなにやら様子がおかしい。赤子は普通の女とは何かが違う。普通の人間には彼女の正体がわからず、野良猫には正体がバレてしまう。そう、彼女はある時は女(ひと)、ある時は尾ひれをひらひらさせる真っ赤な金魚だったのです・・・。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へと蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。老作家の友人・芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りの男(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて・・・。

解説室生犀星の幻想文学を映画化。金魚と作家と幽霊が織りなす、艶やかで濃密な恋の物語!

キーワード 邦画 官能 恋愛 ファンタジー エロス ラブストーリー

  • 蜜のあわれ
  • 蜜のあわれ
  • 蜜のあわれ

スタッフコメントまさか!映像化不可能とされていた室生犀星の小説「蜜のあわれ」が、映画に!
徳田秋聲・泉鏡花と並び、金沢三文豪の一人である室生犀星。不遇な出生や生活苦にあえぎながら、数々の詩を発表し、さらに小説家としても活躍。そして、晩年に発表した小説が「蜜のあわれ」です。老作家と金魚の少女の“秘めた恋”の物語。この老作家は、室生自身を投影しているともいわれ、映画で老作家を演じるのは大杉漣さま!想像通り!いや、想像以上!犀星ファンには、たまらない映画です。(スタッフA女史)

詳細情報

スタッフ
原作:室生犀星
監督:石井岳龍
脚本:港岳彦
エグゼクティブプロデューサー:香山哲
エグゼクティブプロデューサー:小西啓介
プロデューサー:小林千恵
プロデューサー:森重晃
ラインプロデューサー:湊谷恭史
音楽:森俊之
音楽:勝本道哲
撮影:笠松則通
照明:岩下和裕
録音:古谷正志
美術デザイン:佐々木尚
美術:齋藤佐都子
装飾:須坂文昭
衣装デザイナー:澤田石和寛
衣装:大森茂雄
ヘアメイク:永江三千子
編集:武田峻彦
編集:石井岳龍
視覚効果:松本肇
音響効果:勝俣まさよし
助監督:藤江儀全
制作:小沼秀剛
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。