極道天下布武 第二幕

極道天下布武 第二幕

対応デバイス

評価する

開戦の火蓋が切られる――。代紋と野望を掲げ、集いし侠達――。戦乱の世。抗争回避、不可能。極上任侠大河物語、第二幕、堂々降臨!!尾張を舞台に、天下を目指す武将達(おとこたち)の抗争が、今始まろうとしていた…!!極道が己の代紋を掲げ、修羅の道へと進みだす!!

あらすじ

現在、ヤクザ社会は戦国時代と化していた――。尾張の織木信秀(西岡徳馬)率いる『織木組』が尾張統一へと乗り出し、長男である織木信長(小沢仁志)は力ずくで他所のシマを強引に自らのモノとしていった。その頃、駿河の今西義元(誠直也)率いる『今西組』が尾張侵攻を敢行、今西の命を受けた徳澤家康(本宮泰風)だったが、織木組の跡目を目論む次男・信行(西守正樹)により拉致。その後その信行も今西組に拉致され、織木組組長・信秀と今西組組長・義元は、人質交換と尾張侵攻を止めることを条件に、手打ちにしたのであった。…しかしその直後、今西組若頭が不審の死を遂げる。その事をきっかけに、織木組・今西組の両者は、本格的な抗争へと発展してしまう!そしてさらに、美濃の斎門道三(堀田眞三)率いる『斎門組』も、尾張侵攻を狙い、愛知に事務所を構えていた。その偵察として、織木組若衆・豊海秀吉(中野英雄)が探りを入れに行くのだが…。

キーワード 邦画 やくざ 極道 任侠 アクション

  • 極道天下布武 第二幕
  • 極道天下布武 第二幕
  • 極道天下布武 第二幕
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。