若頭暗殺史 修羅の男たち 第二章

若頭暗殺史 修羅の男たち 第二章

対応デバイス

評価する

仇とは―移ろう世の極道、生き様の果て。「若頭暗殺」、ここに完結。待ちわびるは悦びか、哀しみか――実力演技派俳優陣で贈る暗殺・復讐・裏切り――時代が生んだ新極道物語、その結末は・・・!

あらすじ

山東連合会若宮組幹部・宇佐美眞(阿部亮平)。一匹狼にして喧嘩っ早いこの宇佐美にも、親のように慕う男、山東連合会若頭若宮組組長・若宮錦吾(布施博)がいた―。若宮もまた、「喧嘩の若宮」としてその強烈な極道っぷりで全国に名を馳せる男である。その若宮が、敵対する秀熊一家に暗殺される。この暗殺劇は誰の仕業か―宇佐美は組の方針を省みず、舎弟の照井達利(北代高士)と共に復讐劇を巻き起こす。そして、裏で此度の暗殺劇を起こさせた黒幕、山東連合会若頭・京島恒美(木下ほうか)へとたどり着くが・・・。

キーワード 邦画 極道 やくざ 任侠

  • 若頭暗殺史 修羅の男たち 第二章
  • 若頭暗殺史 修羅の男たち 第二章
  • 若頭暗殺史 修羅の男たち 第二章
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。