孤狼の血

孤狼の血

対応デバイス

評価する
  • 配信期間: 2018/11/02 ~
  • みんなの評価:

あらすじ

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…

解説“血湧き肉躍る、男たち渇望の映画“が誕生した。昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う生き様を描いた映画『孤狼の血』。決して地上波では許されない暴力描写とエロス、耳にこびりつく怒号と銃声。観る者は生々しいまでの欲望にあぶられ、心は必ず火傷する。『警察小説×仁義なき戦い』と評される同名原作を映画化した本作は、昨今コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界と現代社会に対する新たなる挑戦であり、数々の【衝撃作】を世に送り出してきた東映が放つ【超衝撃作】である。

キーワード 邦画 探偵 やくざ ハイビジョン 犯罪 警察 R-15 バイオレンス エロス

  • 孤狼の血
  • 孤狼の血
  • 孤狼の血

スタッフコメント暴力ゥ!女ァ!金ェ!警察じゃけ、何をしてもええんじゃ!!古き良き東映テイストが盛り沢山のバイオレンス映画。BGMやナレーション、映画の空気感も往年のやくざ映画を意識した作りになっており若い人には新鮮で更に上の世代には懐かしいことでしょう。冒頭からいきなり養豚所での拷問シーン。「豚の〇〇を使ってそんな!あぁ!ひどい!」と大興奮。このシークエンスを見終わる頃には映画のギラついた世界観が十分理解出来ていると思います。その後はどんどんと話が展開していき、中盤でのターニングポイントとなるあるシーンは衝撃的でした。この映画は一つ一つのカットがエネルギュシュ。そして個人的には登場人物の「汗」に注目して頂きたいっ!エリート新人刑事役の松坂桃李の汗は「青年が頑張って働いてる汗」「セクシーな汗」となんだか綺麗に感じる汗ですが、対する横暴のベテラン刑事役の役所広司の汗は「男臭さ全開!なんぼのもんじゃ!な汗」とこちらはギラついた感じがあって最高です。そのほか刀を持って歩き回る江口洋介や、活動家の服が似合うピエール滝など主人公以外のメンツも個性的なおじさんばかり。そして石橋蓮司は出てくるだけで面白い。どういうキャラクターなのかすぐに分かってしまいますね。クライマックスの名セリフは必見です。

視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。