宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第13話 恋敵の宣言

宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第13話 恋敵の宣言
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第13話 恋敵の宣言

対応デバイス

評価する
  • 配信話数: 全40話
    配信中 : 1話 ~ 40話
  • 配信期間: 2021/02/03 ~ 2025/04/30
  • みんなの評価:

あらすじ

四皇子は皇太子に簒奪(さんだつ)を断念するよう忠告するものの、東宮(とうぐう)に軟禁されてしまった。十三皇子から連絡を受けた茗薇(小薇)は四皇子の救出に成功するが、宮門で絶体絶命の危機に陥る。そんな小薇を救ったのは十四皇子の矢だった。失敗に終わった皇太子の謀反だが、その裏で八皇子たちは四皇子の失脚をもくろんでいた。そんな中、命懸けで自分を救った茗薇の姿に心を打たれた四皇子は、十三皇子に…。

キーワード 海外ドラマ ラブロマンス 小説原作 中国ドラマ 史劇 中国

  • 宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第13話 恋敵の宣言

お得なセット商品

1話~10話 2週間1408円
11話~20話 2週間1760円
21話~30話 2週間1760円
31話~40話 2週間1760円
各ストーリー
詳細表示 | 簡易表示
作品情報 1話購入
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第11話 小春のお守り

第11話 小春のお守り

茗薇(小薇)はケガをした四皇子の世話をしながらも、ふと十三皇子のことを考えている自分に気づく。狩りを締めくくる宴の席で、茗薇は康熙帝を熊から救った褒美として、熊の母子を森へ帰してほしいと願い出て許される。父に贈るはずの獲物が仇となり自信を失った皇太子は、閲兵式を前に自分を陥れようとする八皇子派を恐れ、その不安を小春に打ち明ける。小春は皇太子の腕にお守りを結び、優しく励ますのだった。

1週間 220円
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第12話 陛下の南巡と謀反

第12話 陛下の南巡と謀反

朝議では、外敵ジュンガルの反乱と国内・直隷(ちょくれい)省の反乱のどちらを先に平定すべきかが論じられていた。四皇子は国内、十三皇子は外敵、と意見が対立。意見を聞かれた皇太子は答えられず、陛下は四皇子の意見を採用する。さらに陛下は南巡(なんじゅん)に十三皇子を連れていき、皇太子に監国(かんこく)を任せ、四皇子に補佐を命じた。陛下に見限られたと感じ焦る皇太子は、思い人である小春と結ばれる為に…。

1週間 220円
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第13話 恋敵の宣言

第13話 恋敵の宣言

四皇子は皇太子に簒奪(さんだつ)を断念するよう忠告するものの、東宮(とうぐう)に軟禁されてしまった。十三皇子から連絡を受けた茗薇(小薇)は四皇子の救出に成功するが、宮門で絶体絶命の危機に陥る。そんな小薇を救ったのは十四皇子の矢だった。失敗に終わった皇太子の謀反だが、その裏で八皇子たちは四皇子の失脚をもくろんでいた。そんな中、命懸けで自分を救った茗薇の姿に心を打たれた四皇子は、十三皇子に…。

1週間 220円
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第14話 縁日の偶然

第14話 縁日の偶然

謀反に失敗した皇太子は皇太子を廃され、索額図は獄中にあった。四皇子は皇太子を索額図に会わせ、索額図は息を引き取る。自暴自棄の皇太子は酔って小春のいる景仁宮(けいじんきゅう)へ行き、小春に励まされる。一方、十四皇子は徳妃と四皇子の前で「茗薇(小薇)が好き」と明言。徳妃は茗薇に十三皇子によく仕えるよう命じる。縁日の夜、茗薇と十三皇子は露店の的当て遊びを一緒にすることになり、見事賞品の灯籠を手に入れる。

1週間 220円
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第15話 突然の結婚話

第15話 突然の結婚話

徳妃の申し出もあり、康熙帝は十三皇子に茗薇(小薇)を娶らせることを決める。四皇子は、徳妃に抗議するが、この件は皇帝の意向でもあった。勢いで結婚話を受けてしまい後悔する茗薇。常に自分を大切にしてくれる十三皇子に感謝しつつも、脳裏に去来する想い人が誰なのか分からず、心を決めかねていた。茗薇と許婚になったことを喜ぶ十三皇子に事情を打ち明けると、話を聞いた十三皇子はその想い人を一緒に捜そうと言い出し…。

1週間 220円
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第16話 抵抗する心

第16話 抵抗する心

茗薇(小薇)の記憶を再現することで、心をつかもうとした十三皇子だったが、かえって怒らせてしまう。寂しさを募らせる茗薇に協力を申し出る十四皇子。記憶にある庭を見つけたとの知らせに駆けつけた茗薇の前に現れたのは、なんと十三皇子だった。茗薇から冷たく拒絶された十三皇子は、2人の思い出の品を捨て婚約を破棄しようと決意する。しかしそれを見かねた順児(じゅんじ)たちの一計により…。

1週間 220円
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第17話 想い人はあなた

第17話 想い人はあなた

晴れて十三皇子に嫁いだ茗薇(小薇)。幸せいっぱいだったが、小春と皇太子の関係に気づき、憂慮する。嫁いだ翌日、茗薇は十三皇子の側仕えらが杏の木を植えているのを見て、想い人が十三皇子だったと確信。しかし新居にはライバル心むき出しで嫌がらせをしてくる侍女の七香(しちきょう)もいて、順風満帆というわけではなかった。一方、茗蕙(めいけい)は小春と皇太子の関係を察知して、それを八皇子に告げる。

1週間 220円
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第18話 悲恋の結末

第18話 悲恋の結末

茗蕙が小春の侍女に近づいていることを知った茗薇(小薇)は陰謀の匂いを嗅ぎ取り、皇太子と会わないよう小春に忠告する。そんな中、小春の懐妊が発覚。密通を隠し通すことは不可能だと考えた皇太子と小春は、子供の命を救おうと覚悟を決め、皇帝のもとへ向かう。皇太子失脚を確信した八皇子派たちの喜びをよそに、十四皇子だけは「真の敵は十三皇子だ」と警戒心を強めていた。その夜、小春の牢で火事が起きたという知らせが届く。

1週間 220円
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第19話 呪詛の札の謎

第19話 呪詛の札の謎

皇帝は皇太子の過ちを許せずに苦悩していたが、水面下では次期皇太子の座を巡る権力争いが始まろうとしていた。その頃、皇太子の寝殿から皇太子を呪った札が見つかる。その呪詛の文字を十三皇子の筆跡だと判断した皇帝は、十三皇子を牢獄へ入れてしまう。十三皇子の無事を願う茗薇(小薇)のもとに茗蕙が訪れ、十三皇子を陥れたのは十四皇子だと告げ帰っていく。何とかして十三皇子を救いたい茗薇は一大決心をして皇宮へと向かう。

1週間 220円
宮廷の茗薇<めいび> ~時をかける恋 第20話 茗薇の決断

第20話 茗薇の決断

茗薇(小薇)は十三皇子を救いたい一心で、呪詛の札を書いたのは自分だと陛下に告げ、その場にいた他の皇子らを驚かせた。その思いを知り、陛下は茗薇を死罪に処す代わりに十三皇子を許すという決断を。死を待つ茗薇のもとを十四皇子が訪ね、謝罪するが、茗薇に追い返される。そして処刑の時、十三皇子が駆けつけるが、茗薇は毒をあおって死んだあとだった。絶望する十三皇子。だが四皇子と七香は、ひそかに一計を案じていた。

1週間 220円
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。