北京女子図鑑

北京女子図鑑
北京女子図鑑

対応デバイス

評価する
  • シリーズ: ○○図鑑
  • 配信話数: 全20話
    配信中 : 1話 ~ 20話
  • 配信期間: 2020/05/13 ~
  • みんなの評価:

あらすじ

大学を卒業して、大都市である北京へ行きたい一心の陳可依であったが、共に這い上がろうと誓い合った彼氏の楊大赫と家庭の事情で別れた。一人で上京し、心細くなった陳可依は名前を「陳可」と変えて、次第にたくましくなってゆく。中小企業の受付嬢から外資系企業のOL、ビジネスエージェントから起業者、決して楽ではない道であったが、彼女は一歩ずつ着実に進んでいった。彼女は、北京でたくさんの出会いと別れを繰り返し、絶えずその答えを求め続けていた。

キーワード 海外ドラマ ハイビジョン 小説原作 中国ドラマ

  • 北京女子図鑑
  • 北京女子図鑑
  • 北京女子図鑑
各ストーリー
詳細表示 | 簡易表示
作品情報 1話購入
北京女子図鑑 第1話

第1話 

2008年、地元で平凡な人生を送りたくなかった陳可依は北京に出て就活を始めた。彼女は昔の同級生である王濤の家に泊まり、毎日面接に行っていたが、学歴が普通であるという理由でうまくいかなった。四六時中陳可依と一緒にいる王濤は気持ちを抑えきれず彼女に手を出したが、可依は必死で抵抗して振り切ることができた。それとほぼ同時に、陳可依は彼氏である楊大赫から別れを告げる電話を受け、たいへん悲しい思いをした。ところで、楊大赫はただ母親が全身麻痺になったことで陳可依に迷惑をかけたくない事情を彼女は知る由もなかった。

48時間 220円
北京女子図鑑 第2話

第2話 

陳可依は、昔の同級生である王佳佳を頼っていた。王佳佳は、男を利用して服を買ってもらう方法を可依に教え、それをきっかけに可依はウー昊と知り合った。その後、可依はとある会社のフロントスタッフになった。ある日、ウー昊は、可依を会食に誘った。そこで北京の会食が利益交換の場であって、玉の輿狙いの女子はただのお飾りであることに可依は気づき、会食の後、ウー昊が妻持ちである事実も発覚した。それでも可依はウー昊の紹介を受けて外資系会社に入社し、陳可と名前を変えた。

48時間 220円
北京女子図鑑 第3話

第3話 

2009年、陳可は、外資系会社に入社した。会社の柳静と張超は、共に課長職で、部長になるための出世争いをしており、姚梅は、柳静側につくよう陳可に勧めた。柳静からの圧力で張超を手伝う社員は誰もいなかった中、陳可はメッセージを送って張超を手助けした。一方で、王佳佳は、陳可を工体に連れて行って、陳可はそこで雑誌編集者であるミカンと国有企業の人事であるベンベンと知り合った。入社早々に出世争いの両側の板挟みになった陳可であったが、ベンベンからのヒントを受けて良い提案書を作成することができた。

48時間 220円
北京女子図鑑 第4話

第4話 

会社では柳静と張超のどちらを部長にするか、投票が行われたが、陳可は、仮病を使って参加しなかった。張超が勝利したという結果を姚梅が電話で陳可に伝えた。それから、陳可と張超は、会社の目を盗んで交際を始めた。張超は同居を申し込んだが、陳可は同意しなかった。陳可は高社長と一緒に出張する際にとある暗示を受けたが、彼女は巧妙なやり方で事なきを得た。その後、姚梅は、高社長と一緒に出張し、クライアントを取った功績で課長に昇任したが、ある日、高社長の妻が会社に来て姚梅を殴った。これが柳静の悪巧みであると姚梅はわかったのである。

48時間 220円
北京女子図鑑 第5話

第5話 

陳可は、思いがけずインターネットメディア事業会社の副社長である顧映真と知り合い、ベンベンの面接指導のおかげで高収入の仕事を手に入れた。ところが、張超は、陳可の事業に対する熱意があまり好きではなかったため、二人は不愉快な思いをするようになった。誕生日に、張超からブランドコピー品のパジャマをもらった陳可はがっかりした。その日張超は陳可を高級レストランへ連れて行ったが、張超のせこい態度を見た陳可は彼を見限り振った。その後、陳可はクレジットカードを申し込んでブランドバッグを買い、顧社長から借りた新居に引っ越した。

48時間 220円
北京女子図鑑 第6話

第6話 

2010年、25歳になった陳可は、北京で家を買いたいという願望があったため、昔の同級生である盧家凱から不動産に関する情報を集めたが、ローンを背負いたくはなかった。顧社長が陳可を連れて会食に行ったところ、そこで知り合った於揚が紳士的で、陳可は惹かれた。その後、美容医療を受けた陳可はアレルギーのため於揚との面会を延期した挙句、契約を失注してしまった。顧社長に挽回することを厳命された陳可は可愛らしさを演出することによって於揚の心を動かし、契約を手に入れた。

48時間 220円
北京女子図鑑 第7話

第7話 

陳可は、於揚との交際を始めたが、於揚が陳可を彼女であると明言することは一度もなかった。そのかわり、高級ブランド品をたくさん陳可にプレゼントし、陳可はそれを通して自分のコンプレックスの解消にむけた努力をした。その後、課長に昇任した陳可は顧社長の前で有頂天になることもあった。陳可は於揚の接待に付き合いながら仕事をするせいで、イライラしてしまい、クライアントの尹社長を怒らせ、クレームを受けた。顧社長の会社は相手のブラックリストに載せられ、陳可は謝罪しに行ったが、損失を挽回することはできなかった。

48時間 220円
北京女子図鑑 第8話

第8話 

陳可は、不動産を購入したかったが、於揚は、出資するつもりはなかった。顧社長から、於揚がかつて別の女性に求婚していた過去を知った陳可は彼の気持ちを見極めることができなかったため、わざと母親を北京に呼び、彼を試した。しかし於揚は出張だと言った。他人の電話を使って於揚が北京にいる事実を知った陳可はついに彼と別れた。その直後、於揚は家柄の釣り合う女性と結婚した。陳可は不動産を購入する決心を固めたが、ちょうどその頃、北京は不動産購入の制限をし始めた。

48時間 220円
北京女子図鑑 第9話

第9話 

2011年、顧社長は、3回目の結婚のために借り出した家を回収し、それにより陳可は、再び借家暮らしを始める羽目になったが、今の彼女には充実した資金力があった。クライアントから婚活会VIPカードをもらった陳可であったが、お見合いに失敗し、もっと可愛らしい格好をするよう勧められた。プレミアム婚活会で陳可は部下に会い、向こうは玉の輿狙いであると陳可は知った。陳可は正社員登用リストを公表したが、新ちゃんは自分が落選した理由がわからなかった。陳可はメールを書き、彼女に不足していた点を指摘してあげた。

48時間 220円
北京女子図鑑 第10話

第10話 

2012年、陳可は、広告の撮影現場で帰国した撮影監督の黄越彬と知り合った。黄越彬の好みに合わせるため、陳可は自分のファッションスタイルも変えた。後に陳可は黄越彬を自分の親友である盧家凱に紹介したが、盧家凱は、黄越彬が絶対に陳可と合わないと決めつけた。陳可は黄越彬に広告撮影の仕事を任せたが、黄越彬のこだわりがクライアントを怒らせたため、向こうは陳可の会社との提携を解消した。それと同時に、黄越彬も陳可に別れを告げた。その後、別れた理由が、黄越彬に新しい金持ちの恋人ができたからであると陳可は知った。

48時間 220円

詳細情報

スタッフ
原作:東京女子図鑑
監督:黎志
プロデューサー:馬筱楠
脚本:張佳
音楽:張岩
ファションショーアドバイザー:馬芒
キャスト
戚薇
陳瑾
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。