舞台「魔法使いの嫁 老いた竜と猫の国」

舞台「魔法使いの嫁 老いた竜と猫の国」

対応デバイス

評価する
  • 配信期間: 2021/02/20 ~ 2023/01/23
  • みんなの評価:

これは、世界の美しさを識る為の物語――。人外×少女の正道ファンタジーコミックが待望の舞台化!

あらすじ

羽鳥チセ、15歳。彼女は、帰る場所も、生きる理由も、その術も何も持ち合わせていない。ただ一つ、生まれ持った特別な力を除いて。生きることを投げ出そうとしたチセは、オークショニアの誘いに応じ、自分自身を闇の競売会に商品として出品する。絶望していた彼女を500万ポンドという大金で競り落としたのは、ヒトならざる異形の魔法使いエリアス・エインズワースだった。彼は、チセを「弟子」として、そして将来の「花嫁」として迎え入れたのだった。孤独であったチセの人生に変化が訪れようとしていた。そんな折、現れたのは教会からエリアスを監視する命を受けた、聖職者サイモン。彼から託された3つの依頼をこなすため、エリアスとチセは家を発つ―。

解説2014年の連載スタートと同時に大きな話題となり、2015年には数々の漫画賞を受賞。2017年のテレビアニメーション化でその人気を不動のものとしたヤマザキコレによる異類婚姻幻想譚、『魔法使いの嫁』。2019年、自らも劇団を率い、アニメ『魔法使いの嫁』で脚本を手掛けた高羽彩の脚本・演出により、遂に舞台化が実現。チケットは即完売し、大好評の内に幕を降ろしました。そして、2020年期待に応え、第二弾の上演が決定!原作コミックスの冒頭から、「猫の国」編までにあたる物語を、演劇として丁寧に紡ぎます。※本編終了後に特典映像として出演者の座談会がございます。

キーワード 舞台 2.5次元 演劇 ファンタジー 漫画原作

  • 舞台「魔法使いの嫁 老いた竜と猫の国」
  • 舞台「魔法使いの嫁 老いた竜と猫の国」
  • 舞台「魔法使いの嫁 老いた竜と猫の国」

詳細情報

スタッフ
原作:ヤマザキコレ
監督:高羽彩
脚本:高羽彩
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。