百獣戦隊ガオレンジャー 第11話 「父親、上京。」

百獣戦隊ガオレンジャー 第11話 「父親、上京。」
百獣戦隊ガオレンジャー 第11話 「父親、上京。」

対応デバイス

評価する
  • シリーズ: スーパー戦隊
  • 配信話数: 全51話
    配信中 : 1話 ~ 51話
  • 配信期間: 2019/01/01 ~ 2019/10/31
  • みんなの評価:

あらすじ

「一刻でも早く、ガオレンジャーを倒さねば、奴らどこまでいい気になるか解らん!」シュテンの怒りは頂点に達した。これ以上お仕置きを受けたくない、ツエツエ・ヤバイバも焦りを感じ始める。そんな矢先、冴の元に父親から電話が入った。彼女は、九州から単身上京して、武道の専門学校に通っている事になっている。しかし、実際はテトムにガオレンジャーとしての能力を見出されてからは学校には行かず、ガオズロックで寝泊りしてオルグと戦う毎日。冴は慌てて自宅アパートに戻り、料理をしたりと大騒ぎ。なんとか、父親と約束している時間に間に合いそうかなと思ったその時Gフォンが・・。オルグが出現したのだ・・。

キーワード 特撮 実写 アクション 戦隊 ヒーロー 戦闘

お得なセット商品

各ストーリー
詳細表示 | 簡易表示
作品情報 1話購入 セット購入
百獣戦隊ガオレンジャー 第25話 「三代目鬼姫参上」

第25話 「三代目鬼姫参上」

ロウキがガオシルバーとして生まれ変わった。そして、シルバーの一撃によってハイネスデューク・ウラは壮絶な最期を遂げたのだった。5人は、お祝いのパーティー計画する。内容は、カラオケパーティー!新しい仲間のシルバーを呼ぼうとするが、彼は心を開かない。そんな時、新たなハイネスデューク、オニヒメが誕生!そして、オニヒメが作り出したカラオケオルグが猛威を振るう。それは何故かカラオケを歌い終わった人の言葉を奪い、猫語を喋らせるという不思議なものであった。事件を忠実に再現するのが捜査の基本だ!と鷲尾はカラオケルームに走りマイクを握るのだが・・。

1週間 110円
25話~28話 1週間352円
百獣戦隊ガオレンジャー 第26話 「狼鬼、ふたたび」

第26話 「狼鬼、ふたたび」

「この笛の音は間違いない!」その音の方に駆け寄った大神の目の前に現れたのはなんとロウキ。大神が闇狼の面の呪縛から開放された時。その面に潜んでいた邪気もまた封印を溶かれていたのだった。そして復讐を果たすのに相応しい、このロウキの姿で大神の前に現れたのだ。そして相変わらず、強い。とにかく強いロウキ。さすがのガオシルバーも苦戦の連続。ロウキの猛攻に手が出ない。

1週間 110円
百獣戦隊ガオレンジャー 第27話 「雛がすねる」

第27話 「雛がすねる」

ウラが作り出した最強のツボオルグ。ロウキの肉体にあった1,000年の邪気をそのツボの中に送り込んだモノ。とにかく、何でも吸い込んでしまう。ガオバイソンの足の具合が良くなって、ガオハンターとリハビリ訓練を続けていたガオキング。その両者をツボオルグは吸い込んで異世界に封印してしまう。「ガオレンジャー全員を吸い込むツボ~~」と襲い掛かるツボオルグ。その頃、ガオズロック内のガオの泉には卵が。これはまるでピヨちゃんの出現に似ており。果たして、この最強の邪気を持つツボオルグに、ガオレンジャーは太刀打ちできるのか!?

1週間 110円
百獣戦隊ガオレンジャー 第28話 「奥義、伝承!!」

第28話 「奥義、伝承!!」

「千年の邪気、俺が連れてきたようなものだ・・・」シルバーは、まだ心の底から皆と打ち解けられない様子だった。そんな時、凄まじいストライクボールで街を破壊するボーリングオルグが現れた。対峙するガオレンジャーであるが、熟成に熟成を重ねた千年の邪気を吸い込んだボーリングオルグになかなか太刀打ちできない。ボーリングオルグの放つボールに勝つにはどうすればよいのか?。ガオブルーは、突如、ボーリング場に向かって走り出した。

1週間 110円
百獣戦隊ガオレンジャー 第29話 「鹿が癒す」

第29話 「鹿が癒す」

テトムが唄うと、その声が遠く天空島まで届き、アニマリウムにて巨大な二本のツノを持つガオディアスが反応し始めた。ガオレンジャー達がまだ知らないパワーアニマルである。その頃、オルグの衝動が。墓石オルグだ。強そうに見えるが、弱い。すかさず倒して、巨大墓石オルグに。しかし、ガオ戦士達が持つガオリゲーターもタイガーもシャークも、まだ傷が癒えていない。体が硬い墓石オルグの攻撃にパワーアニマル達の体はボロボロに。苦戦を察した、ガオディアスが闘いの現場に登場。しかし、大神の姿を確認すると、そっぽを向き、天空島に戻ってしまった!?

1週間 110円
29話~32話 1週間352円
百獣戦隊ガオレンジャー 第30話 「満月が狼を殺す」

第30話 「満月が狼を殺す」

ガオディアスのお陰で、泡の中に封印され空のかなたへ飛んでいった邪気。 しかし、千年の邪気は封印されただけで消滅していない。大神の気は晴れない。そんな矢先、大神がツエツエ・ヤバイバ達の罠にはまりウラの元に。高笑いのウラ。なんと、月と空中を浮遊する邪気の塊が重なった時、月の力は邪気に染まりガオウルフの心を乱すと。オルグの波動に気付いて駆けつけたガオレンジャー達は、天空の邪気の塊に向かって吼え続けるガオウルフの存在に驚かされた。ウラの目的は、邪気を呼び戻すだけでなく、大神の体にもう一度邪気を注入し、ロウキを復活させることだったのだ!

1週間 110円
百獣戦隊ガオレンジャー 第31話 「百獣戦隊、全滅」

第31話 「百獣戦隊、全滅」

無念にもガオブルーは死んだ。ガオブラックが祈るが、決して、目を開けることはなかった。悲しみに耽るガオレンジャー達。「よくもブルーを!!」ガオブラックとガオイエローが最大限の力で突進していく。しかし、ウラ究極体の猛攻は止まらない。地面に崩れ落ちたイエローとブラックのポケットから宝珠が零れ落ちる。「ガオディアズなら助ける事が出来るかも!」と宝珠を天空に向けたその無防備な体制にウラ究極体が突進してきた!!「ホワイトォォ!!」レッドの叫びがむなしく響いた。ガオズロックでは屍を前にテトムが泣き崩れた。

1週間 110円
百獣戦隊ガオレンジャー 第32話 「三匹が喰う!!」

第32話 「三匹が喰う!!」

死を体験した4人も奇跡の復活を遂げた。そして、ガオレンジャーは究極のパワーアニマルであるガオファルコンを仲間にして、ついに、ハイネスデューク・ウラを倒した。少し、余裕も生まれてきたが、またまた「人間の悲鳴がご馳走だ!」と豪語する強力なハイネスデュークが空を自在に飛べるプロペラ・キュララも変幻自在に攻撃してきて大苦戦が続く。

1週間 110円
百獣戦隊ガオレンジャー 第33話 「少年が祈る」

第33話 「少年が祈る」

新たなハイネスデュークラセツは、大好物が人類が作り上げた文明という美食家。ガオレンジャー達は、プロプラオルグとキュララオルグを取り逃がし自信を失う。そして、少年、風太郎は、ラセツ達がまた暴れるであろうニュータウンからそう離れていないはず。助け出さねば!テトムがお弁当を作ってニュータウンに向かった。その頃、マトリックスでは、ラセツが新たにパワーを授け、プロプラ・キュララが益々パワーアップした。そしてプロプラ・キュララはニュータウンに現れ、ガオレンジャーはまたしても大苦戦。しかも、テトムと風太郎の前にはラセツが・・・。

1週間 110円
33話~36話 1週間352円
百獣戦隊ガオレンジャー 第34話 「鉄人鬼(オルグ)、泣く!!」

第34話 「鉄人鬼(オルグ)、泣く!!」

プロプラ・キュララという最高の料理人を失って、ラセツ様はご機嫌斜め。それを打破するためにツエ・ヤバコンビは料理が上手い炭火焼オルグを探すのだが・・・。丁度、その頃、ガオの泉にオルグが出現の波動が。ガオレンジャーが波動の在り処を追っかけて行くと、そこには一つの古びけた屋台が。のれんをくぐると、タオルを巻いた文左衛門がいるだけで・・。いったいオルグの波動はなんだったのだろうか?その頃もツエ・ヤバは一生懸命炭火焼オルグを探しており・・。果たしてどうなる??

1週間 110円
百獣戦隊ガオレンジャー 第35話 「獣皇剣、強奪」

第35話 「獣皇剣、強奪」

サエは、神居野ニュータウンで出会う前にどこかで風太郎に会った気がしてならない。今日こそ聞いてみようと質問したが、風太郎に逆に褒められ、はぐらかされてしまう。サエは舞い上がってしまい、いい所を見せようと一人でカジヤオルグの元に。しかし、不意をつかれて、獣皇剣を取られてしまった。非常にショックを受けるサエ。獣皇剣が無ければ、百獣召喚できないのだ。しかも、鮫津達がからかい、サエは「ガオレンジャー辞めてやる!」っと。その頃カジヤオルグは・・。獣皇剣が凄く気に入っていた・・・。

1週間 110円
百獣戦隊ガオレンジャー 第36話 「戦士踊る」

第36話 「戦士踊る」

ラセツは屋上で食事をしていたが、テトムの歌に不機嫌に。その歌は、テトムがガオディアスの為に歌う“響きの調べ”。その歌を打ち消すパワーを持つほどの魔笛オルグが誕生。子供達を躍らせるという不思議なパワーを持った笛を調子はずれの音で吹き続け、踊りは止まらない。体が疲れても、踊りつづけなければならない。ラセツはガオレンジャーも躍らせる事が出来るようにとツエツエヤバイバの持つデュークオルグのパワーを魔笛オルグに注入。そして、オルグ波動に駆けつけたガオレンジャーは、踊り続ける・・。

1週間 110円

キャラクター紹介

ガオレッド ガオレッド
ガオイエロー ガオイエロー
ガオブルー ガオブルー
ガオブラック ガオブラック
ガオホワイト ガオホワイト
ガオシルバー ガオシルバー

詳細情報

スタッフ
原作:八手三郎
プロデューサー:太田賢司(テレビ朝日)、日笠淳、横塚孝弘(東映)、矢田晃一(東映AG)
脚本:武上純季、酒井直行、赤星政尚、中洲千恵次郎
監督:諸田敏、渡辺勝也、坂本太郎、竹本昇、松井昇、舞原賢三
アクション監督:竹田道弘、新堀和男
特撮監督:佛田洋
撮影:菊池亘、上赤寿一、大沢信吾、松村文雄
音楽:中川幸太郎
キャスト
獅子走(ガオレッド):金子昇
鷲尾岳(ガオイエロー):堀江慶
鮫津海(ガオブルー):柴木丈瑠
牛込草太郎(ガオブラック):酒井一圭
大河冴(ガオホワイト):竹内実生
大神月麻(ガオシルバー):玉山鉄二
テトム:岳実
ツエツエ:斉藤レイ
ヤバイバ(声):坂口候一
ラセツ(男):柴田秀勝
ラセツ(女):西川宏美
風太郎:有岡大貴
ナレーション:増岡弘
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。