舞妓さんちのまかないさん
コミック

舞妓さんちのまかないさん(26)

屋形で紡がれる、唯一無二の姉妹愛――――

京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。

初春の気配が漂う頃、「春のをどり」に向けて花街は動き出します。
お正月を青森で過ごした3人それぞれに京都での日々が戻ってきました。
そして、つる駒には未来へ向けたある選択が迫ります。
「芸妓さんになるか、花街を去るか」
つる駒の葛藤、そして、身近で見守る駒えみの想いとはーー?

著者・作者
ジャンル
出版社
小学館
レーベル
少年サンデーコミックス
掲載誌
週刊少年サンデー
タグ
もっと見る
  • 舞妓さんちのまかないさん(21)
    舞妓さんちのまかないさん(21)

    同じ街で歩む、幼なじみ三人の夏模様。

    京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。

    キヨ、すみれ、そして健太。
    いつもお互いのことを気にかけながらも、違う道を選んで頑張る幼なじみです。
    そんな3人が京都に揃って迎える、暑い暑い夏。
    それぞれに前へ進む中、すみれの変調に百子さん姉さんが動く──?
    眩しい季節に青々と輝く、人間模様が描かれる21巻です。

  • 舞妓さんちのまかないさん(22)
    舞妓さんちのまかないさん(22)

    舞妓さんのおうち・屋形で味わう大切な今。

    京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。

    花街が賑わう秋がやってきました。舞妓さん達は大忙し。
    お姉さんとして着実に成長していくすみれの背中を目標に、
    お店出しを果たした理子も「駒えみ」として奮闘中。
    一方で、花街を去る決断をする舞妓さんも──
    彼女たちが帰ってくる屋形を支えるのはおかあさん、そしてキヨ。
    それぞれの想いで色づく季節に、大切な今を味わう22巻です。

  • 舞妓さんちのまかないさん(23)
    舞妓さんちのまかないさん(23)

    紡がれる、もう一つの物語

    京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。

    屋形「市」では今日も、キヨやすみれ、舞妓さんたちが元気に暮らしています。
    そんなみんなを支えるおかあさん、そして頼れる先輩・百子さん。
    今では大人として皆を見守る2人が、まだ「あずさ」と「夕子」だった頃──
    舞妓さんに憧れて、一緒に走り出した同期の姿がそこにはありました。
    この場所で、かつて確かに紡がれた、もう一つの物語が幕を開ける23巻です。

  • 舞妓さんちのまかないさん(24)
    舞妓さんちのまかないさん(24)

    今へと繋がる物語、その結末──

    京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。

    屋形「市」を支えるおかあさんと、頼れる先輩・百子さん。
    かつて、舞妓さんを志す「あずさ」と「夕子」として出会っていたのでした。
    性格は正反対、でもお互いの理解者として支え合う同期の二人は
    やがて花街を代表する舞妓さん、そして芸妓さんへと成長していきますが…
    もう一つの物語は、想いを重ね現在へと繋がります──

  • 舞妓さんちのまかないさん(25)
    舞妓さんちのまかないさん(25)

    久しぶりの故郷は、景色がちがってみえた。

    京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。

    キヨとすみれ、健太は年末年始で青森へ帰省することに。
    久しぶりの実家。3人が京都で過ごした時間の密度や培われた成長が家族にも伝わります。
    そして、帰省前にシェフと先輩から助言を受けた健太は、帰省を通じてとある料理に挑戦することに。
    それは、初めて“人のために”作る料理――――
    3人の成長とこれからが垣間見える25巻です。

  • 舞妓さんちのまかないさん(26)
    舞妓さんちのまかないさん(26)

    屋形で紡がれる、唯一無二の姉妹愛――――

    京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。

    初春の気配が漂う頃、「春のをどり」に向けて花街は動き出します。
    お正月を青森で過ごした3人それぞれに京都での日々が戻ってきました。
    そして、つる駒には未来へ向けたある選択が迫ります。
    「芸妓さんになるか、花街を去るか」
    つる駒の葛藤、そして、身近で見守る駒えみの想いとはーー?

この作品をシェア

レビューを書く
0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0