クナシリ

クナシリ

対応デバイス

評価する
  • 配信期間: 2022/04/27 ~ 2030/03/31
  • みんなの評価:

日本人の知らない“国後島の今”を映した貴重な記録。北方領土の国後島を、旧ソ連生まれフランス在住の監督が、戦後76年を経た現在の島民の暮らしと本音をありのままに映し出した。

あらすじ

戦前には四島全体で約17000人いた日本人も、戦後の1947年から48年にかけて強制退去が行われ現在は誰もいない。寺の石垣、欠けた茶碗、戦車や砲台など、国後島の至るところに今なお日本や第二次世界大戦の傷跡が残っている。両国の交流は断たれているため、日本人墓地も荒れ果てたまま土に埋もれ、そこに人の姿はない。映画では国後島の厳しい現状やロシア人住民らの生活の様子が収められ、政治に翻弄されてきた島民の暮らしや本音、日本人が残したものを追っていく。

解説国後島に暮らす住民が率直に生活苦を語る様子はこれまで日本人が全く知らされていなかった事実であり、驚きを禁じ得ない。ロシア側の主張に偏ることなく、島に暮らす人々の生活の実態をリアルに描いた本作からは、国家の主張とは異なり、実際にそこで生きる島民たちの苦しみや本当の願いが何なのかが見えてくる。旧ソ連(現ベラルーシ)出身で現在はフランスを拠点とするウラジーミル・コズロフ監督が、ロシア連邦保安庁の特別許可と国境警察の通行許可を得て撮影した貴重な国後島の現在。

キーワード 洋画 ハイビジョン ドキュメンタリー フランス

  • クナシリ
  • クナシリ
  • クナシリ

詳細情報

キャスト
情報はありません
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。