ちっちゃな雪使いシュガー

ちっちゃな雪使いシュガー
ちっちゃな雪使いシュガー

対応デバイス

評価する

見習い「季節使い」たちが人間の住む街にやってきました

あらすじ

四季によって、色とりどりの顔を見せる自然の風景。実は、それらは「季節使い」と呼ばれる自然現象を自由に操ることが出来る妖精たちが司っていた。一人前の「季節使い」になるため、見習い「季節使い」のシュガーたちが妖精界から人間界に「きらめき」を探しにやってくる。そこで、シュガーは人間の少女サガと出会い…。

キーワード 川上とも子 浅野真澄 サエキトモ 水橋かおり 西村ちなみ 石毛佐和 中川亜紀子 真田アサミ 立木文彦 平松晶子 メルヘン 無料動画 妖精 ファンタジー 友情

  • ちっちゃな雪使いシュガー
  • ちっちゃな雪使いシュガー
  • ちっちゃな雪使いシュガー
  • ちっちゃな雪使いシュガー

お得なセット商品

各ストーリー
詳細表示 | 簡易表示
作品情報 1話購入 セット購入
ちっちゃな雪使いシュガー 第1話 サガ、シュガーと出会う

第1話 サガ、シュガーと出会う

ミューレンブルクの街に住むサガは、まだ11歳だというのに働き者でしっかり者の女の子。面倒見もよく、みんなから頼りにされている人気者で、母親とは死に別れてしまったけれども、そんなことをおくびにも出さないサガは元気イッパイな少女だった。そんなサガが見つけてしまったのは、季節使いの少女だった…。

一話無料 0円
1話~6話 1週間880円
ちっちゃな雪使いシュガー 第2話 ちっちゃなルームメイト

第2話 ちっちゃなルームメイト

ひょんなことからサガが出会った、人形のように小さくて背中に羽が生えている女の子シュガー。そしてシュガー曰く彼女は、何でも季節使いである雪使いの見習いらしく、一人前の雪使いになるために、魔法学校の課外授業で人間の世界にやってきたらしかった。そんなシュガーが、サガの学校についてきてしまい…。

3日間 220円
ちっちゃな雪使いシュガー 第3話 きらきら、ぽかぽか、ふわふわ

第3話 きらきら、ぽかぽか、ふわふわ

“魔法の花”の種をサガのトイピアノの上にまいてしまったので、サガの家をすみかと決めてしまったシュガー。そうしてサガの部屋での居候生活が始まったシュガーの前に、“きらめき”を人間界へ一緒にやってきた季節使い見習いのペッパーとソルトが現れた。そんな3人が“きらめき”を探しに向かった行き先とは…。

3日間 220円
ちっちゃな雪使いシュガー 第4話 「きらめき」はどこ?

第4話 「きらめき」はどこ?

ハトたちから、以前に人間の学校でとてもきれいなものを見たという話を聞いて、それが“きらめき”だと考えたシュガー、ソルト、ペッパー。一方、彼らの行き先の学校では、サガがグレタと体育のバスケットボールの授業で3 on 3対決の真っ最中。そんな学校へと“きらめき”を探しにきたシュガーたちが現れて…。

3日間 220円
ちっちゃな雪使いシュガー 第5話 長老さま現る!!

第5話 長老さま現る!!

いくら探しても見つかりない“きらめき”。そのために先輩の季節使いであるジンジャーに“きらめき”が何か教えてもらおうとするの3人だが、「そんなものは自分で探しなさいよ。」とにべもない返事をもらってしまう。そして、しつこく食い下がる3人の前に、髭モジャの老人の姿をした季節使いが現れて…。

3日間 220円
ちっちゃな雪使いシュガー 第6話 ゴメンねがいえなくて

第6話 ゴメンねがいえなくて

シュガーの母親は妖精界一の雪使い。「そんなことでは母のように立派な雪使いにはなれんぞ!」と長老に指摘されたシュガーは、雪使いになる決意を新たにする。そんな中、家から学校までつきまとってきて迷惑ばかりかけるシュガーに、とうとうサガは怒り出してしまう。それにカチンときたシュガーも…。

3日間 220円
ちっちゃな雪使いシュガー 第7話 心をつなぐメロディー

第7話 心をつなぐメロディー

「出ていって!もうあんたの顔なんか見たくない!!」とサガにいわれて、部屋を飛び出してしまったシュガー。そしてシュガーは知らなかった。謝罪をこめて“ゴメンナサイ”と書いたノートが、実はサガにとって母親の形見である大切な楽譜だったことを。行く当てのないシュガーに声をかける小さな人影が…。

3日間 220円
7話~12話 1週間1056円
ちっちゃな雪使いシュガー 第8話 夢のカタチ

第8話 夢のカタチ

発明にいそしんでいるフィル、ジャン、アラン。オーロラを作ろうとがんばっていたが、実験は相変わらず失敗してしまう。一方、そんなフィルの様子を妙に気にしているソルト。オーロラを作るのは太陽使いの仕事の1つ。季節使いでも大変な仕事を、人間が思いつきでやろうとしていることがソルトには許せず…。

3日間 220円
ちっちゃな雪使いシュガー 第9話 クマのピアニスト

第9話 クマのピアニスト

久しぶりにミハモンド劇団が従業にやってきた。明日から『クマのピアニスト』というタイトルの公演を始めるらしく、その宣伝にトラックが走り回っていた。その日の学校では、その話が持ちきりでサガも行く計画を練り始める。一方、演劇がなんだかわかっていないシュガーたちは、劇場を覗きに行くが…。

3日間 220円
ちっちゃな雪使いシュガー 第10話 バックステージハプニング

第10話 バックステージハプニング

芝居でクマを演じていた人物が、自分のコーヒーを窮屈呼ばわりした青年、ヴィンセントだったことに驚くサガ。そんな時、そのハモンド劇団からリトル・ミイにコーヒーの注文が舞い込む。出前に出かけたサガは、「今日はちょっとブレンドを変えてみたんですけど、どうですか?」と彼にコーヒーを差し出すが…。

3日間 220円
ちっちゃな雪使いシュガー 第11話 あたしの好きなピアノ

第11話 あたしの好きなピアノ

いくら舞台のためだからといって、粗っぽい演奏をしてしまうヴィンセントを許すことができないサガ。そしてシュガーたちの3人は「自分たちが見えているかもしれない」とヴィンセントを追いかけ始めてしまう。一方サガは、ヴィンセントに対して、心のわだかまりをぬぐい去れず、彼を避けることしか出来ずに…。

3日間 220円
ちっちゃな雪使いシュガー 第12話 さよなら、クマさん

第12話 さよなら、クマさん

左手にケガをしてしまい、次の公演がミューレンブルグでの最後の公演だというのに、ヴィンセントはピアノを弾くことができなくなってしまった。あわや公演中止かと思われたが、その公演のピアノを弾く代わりの人を、サガが引き受けることに。そうして、ハモンド劇団の最後の舞台の幕は上がってしまうが…。

3日間 220円

詳細情報

スタッフ
原作:蒼はるか
監督:木村真一郎
脚本:やまだやすのり、堀井明子、水上清資、大久保智康
音楽:光宗信吉
キャスト
川上とも子
浅野真澄
サエキトモ
水橋かおり
西村ちなみ
石毛佐和
中川亜紀子
真田アサミ
立木文彦
平松晶子
皆口裕子
秋元千賀子
鈴木清信
松本保典
笹本優子
福島潤
三石琴乃
野島健児
小林由美子
平松晶子
その他の情報
視聴について
ご購入時から視聴有効期限内、視聴いただけます。
日本国内でのみ視聴可能です。日本国外からはご利用いただけませんのでご注意ください。